第3回国際自殺対策フォーラム

~自殺対策の政策評価の基礎となるエビデンスの提供と活用~

本フォーラムは、自殺対策の政策展開に関して学術的な意見交換を行うことを目的に、平成28年度から開催しています。

第3回を迎える今回は、地域自殺対策計画の策定を受けて、次の課題となる自殺対策の政策評価の基礎となるエビデンスをいかに蓄積し、その成果をどのような方法で社会に還元していくかという観点で討議を行います。

基調講演には、韓国の忠清南道広域精神健康福祉センター・副センター長の金渡潤先生をお招きし、韓国の農村地域における先進的な自殺対策の取り組みについてお話いただきます。

【プログラム】
10:00 開会挨拶:本橋 豊(自殺総合対策推進センター長)
10:10~11:45
    基調講演:金 渡潤(KIM DOE YOON)
    (忠清南道広域精神健康福祉センター 副センター長)
    司会:本橋 豊
11:45~13:00:昼食
13:00~15:00
    シンポジウム:自殺対策の政策評価の基礎となるエビデンスの提供と活用
    近藤 克則(国立研究開発法人国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研
    究センター老年学評価研究部長)
    高橋 義明(公益財団法人中曽根康弘世界平和研究所 研究本部 主任研究員)
    金子 善博(自殺総合対策推進センター 自殺実態・統計分析室長)
    藤田 幸司(自殺総合対策推進センター 自殺総合対策研究室長)

15:00~15:45
    パネルディスカッション
15:45~16:00
    閉会挨拶:本橋 豊

※なお、プログラムは一部変更する場合がありますので、予めご了解ください。

【後援】厚生労働行政推進調査事業費補助金

※最新の情報は本サイトに掲載します。

開催概要

日時 平成31年2月2日(土) 10時~16時  申込受付期間: 平成30年12月25日~平成31年1月25日
会場
101-8439 東京都 千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内
東京メトロ半蔵門線、都営三田線、都営新宿線 神保町駅(A8・A9 出口)徒歩4分
東京メトロ東西線 竹橋駅(1b 出口)徒歩4分
参加費  
定員 60名 申込受付中
対象  
主催 自殺総合対策推進センター
共催
協賛
内容  
備考  



お問合わせ

自殺総合対策推進センター (国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター) 
 
secret-jssc@ncnp.go.jp